骨格補正を考えた小顔ゆるくびれスタイル

Salon: K-two / Designer: 天野 セイヤ

この動画の閲覧権限がありません。
会員登録する
or
ログイン

ポイント1
まずは輪郭をチェックします。モデルさんの輪郭は「ベース型」なので、エラの部分をカバーする前髪と極力角を残さない様に柔らかく仕上げるのがポイントです。
ポイント2
レイヤーを入れる時の切り口は指を丸めて扇型に!そうする事で、つなぎ目に角が残らないので柔らかいシルエットをつくる事ができます。レイヤーの長さ設定はリップラインに合わせてくびれる様に。
ポイント3
アイロンワークでより全体のシルエットを強調させてメリハリを出します。「ベース型」タイプは頭頂部に高さを出してハチの張りをカバーして、顔回りに柔らかい髪をつくりエラをカバーします。顔の横の位置に外に広がる髪をつくる事でよりコンパクトな印象になります。
Category:
100万 / K-two / スタイリング / プレミアム会員 / ベースカット / ミディアム / レイヤー / 似合わせ